So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Zero tolerance policy …どういう意味? [Phrase]

zero_tolerance_kid.jpg

警察はどれだけ微妙な違反でも多めにみてくれません。

厳しい学校では、このポリシーによってちょっとのルール違反で退学になってしまう場合が少なからずあるようです。






Sponsored Link








Zero Tolerance


許容なし、徹底した取り締まり

1990年くらいから始まったアメリカの教育方針の一つのようです。冒頭の画像では、男女交際一切禁止のために警察が怒り狂って Zero Tolerance! と大げさに表現してあるものです。


tolerance (寛容) が zero ということで、どんな小さな違反も一切許容されないルールのことをいいます。

Under the policy, anything breaks the rule won't be overlooked or accepted even once. (方針の下ではどんなルール違反も許容されない)ということです。



例えば、ある学校が Zero tolerance policy に厳密にのっとっているとします。ある学生がタバコを一本吸ってしまって退学になってしまいました。


Because of the school's zero-tolerance policy, he was expelled for smoking just one cigarette. (Zero Tolerance Policy のせいで、彼はたった一本の喫煙で追放されて(退学)しまった)


日本では、そこまで厳しい学校でも休学か課題が出されて見過ごされるパターンが多いかと思いますが、アメリカはZero Tolerance の方針の学校では、容赦なくどんな小さな違反でも即行で退学みたいですね。笑





行き過ぎた厳しいルールで子供の進路を大きく変えてしまうのというのは恐ろしいシステムです。プラスチックのバターナイフを間違えて持ち込んでしまっただけでも退学になってしまうらしいです。笑





それでは!!

いつも最後まで読んで下さりありがとうございます!英語ブログのランキングに参加中です!!英語学習法部門で現在2位、英語ブログ部門では15位前後をさまよってます。応援クリックをぜひお願いします!(1日1クリック限度です)
↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ


sponsored link




タグ:Zero tolerance
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。