So-net無料ブログ作成
検索選択

Better now than later : やるなら "今でしょ" から考える英語 [proverb]

英語は前後の質問や会話状況で使うフレーズをたくさんイメージできることが会話上達アップの鍵です。特に英語では日本語よりも状況によって言葉で表現することの重要性が遥かに高いのではないかと思います。よって日本語でイメージしてからの英語変換をすることは、英会話では一番避けなければいけない思考プロセスです。

例えば、昨年流行った ”今でしょ” って流行語をそのまんま直訳したら ”Right now!” とか”Just now”やら”Now!” になるのかもしれないけど、この今でしょの日本語にだっていろんなニュアンスがあるわけで、間接的に(先送りにしないで今すぐやらないといけないでしょ)っていうニュアンスが含まれてますよね。

なので前に紹介した "Never put off till tomorrow what you can today." なんかのフレーズだって”今でしょ”と訳される場合もあるわけです。

日本語は特に英語に比べて、high context (文脈から判断する程度が高い)な言葉のため、短い言葉に集約される情報量が多いわけです。

その言語そのものの違いを理解させてから、英語学習をスタートさせていれば、私たち日本人が最初に中学で学びはじめた英語からでも随分上達の度合いは変わったはずです。


そういうわけで、状況によってたくさんのフレーズをどんどん覚えていくことで英語のパターンや作りを感覚で覚えながら英会話が上達していくのが私が一番推進している英語の学習法です。


長くなりましたが、いつもの状況をイメージして今日も学習します。

今日のフレーズは2013年の流行語となった”今でしょ”のニュアンスを含んだフレーズ Better now than later 

続きを読む


Never put off till tomorrow what you can do today; 今日できることを明日に先延ばしするな [proverb]


英語の諺を紹介します。

"Never put off till tomorrow what you can do today"

これもまた使う状況とタイミングを掴んで、実際に使いまくってそのままのフレーズを体に染み付けて覚えちゃいましょう!

ある程度このような長めの文章を口からさらっと出るようになると、気分が良いかと思います。初心者上級者問わずです!

ではまたいつもの設定で、学校のクラスメイトとの会話でやっていきましょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。