So-net無料ブログ作成

"相手の立場になって考えてみて" 英語でなんという? [idiom]

media-images-promos-2011-09-kid-shoes-JPG.JPG


今回の表現は靴がキーワードです。聞いた事ある人も多くいるかもしれません。



さてどう表現するでしょうか。






Sponsored Link








in someone's shoes


〜の立場になって

直訳では be(またはstand) in someone's shoes で "〜の靴に入る" ですが、実は"〜の立場に立つ" という意味で使われます。 



特に相手が悪い(ネガティブな)状況のにいるときに使われます。




例えば、なにか困った人に対して、自分は関係ないからといったオーラで、思いやりが一切ない無関心の人がいます。


Hey! Why are you not even caring about them? (ちょっと、なんで彼らを気にかけることすらしないの?)


Try to put yourself in their shoes!!(彼らの立場になって考えてみなさい)


put yourself in someone's placeで shoes の変わりに placeが使われることもありますが、意味は全く同じです。




有名な諺で

Walk a mile in my shoes.


といのがあります。



英語で説明すると

- you should try to understand someone before criticising them.


批判する前にまず、その立場になって考えてみてという意味。







また、私があなたの立場だったらこうするけどなといいたいとき、


If I were in your shoes, I think I would just ignore him. (もしあなたの立場だったら、そんな奴無視するけど)





英語独特の表現ですので、まずはこういう表現があるんだということを最低限知っていなければなりません。



日本語で浮かんだ言葉を英語でどういうんだろうと考えるということよりは、まずは英語にしかないいろんな世界観や文化を知ってから、それらの言葉から表現するということが大事なんではないかと思います。



日本語にしかない表現や感覚がたくさんあるように、英語でしか表現しにくいというものもたくさんあります。もちろん日本語を先に学んでから英語を学習する人がほとんどだと思いますので、日本語で無意識に考えてしまうのは最初の学習段階では自然なことです。


ところが、自分の思い浮かんだ日本語を Translate するという、私達が日本での慣れ親しんでしまったこういった学習方法では決して自然な英語は身に付きません。



始めはしょうがなくても、まずはたくさんのネイティブが使う英語の表現を少しずつ知っていけば、英語の感覚はついていくはずです。



そして表現を覚えたら、まずは間違えながらでも実践的にどんどん自分で使ってみてみることがなによりの近道です。



いい動画があったので見てみて下さい。







それでは!!

いつも最後まで読んで下さりありがとうございます!!応援クリックをぜひお願いします!(1日1クリック限度です)
↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ


sponsored link



nice!(19)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 19

コメント 3

hanamura

お昼休みにジ~ン!ナイキ協賛?
でも、やっぱりなぜ靴なのでしょう?
by hanamura (2014-07-16 12:03) 

kskszk

>hanamuraさん
なんででしょうかね??このshoes を例えにした言葉の感覚は日本語にないので疑問が残りますね。笑
by kskszk (2014-07-19 13:24) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2016-01-22 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。